【夜活×Sapporo】2018年5月講座のご報告


【5月夜活×Sapporoのご報告】   
 

 
こんにちは!
こちら札幌ではYOSAKOIが始まり、
とても賑やかになっております。
気温差がある日が続いておりますが、
いかがお過ごしでしょうか。


早速ですが、先週開催されました、
夜活×Sapporoのご報告です★  
 


5月の夜活では、 
 
NLP心理学から学ぶ!
【心と考えを切り替える】
~視点を変えて、視点を広げる~
 
というテーマで、自分の思いの枠組を
どのように柔軟性をもちながら、
かつ肯定的に捉えるか、を学ぶ講座でした。
 
参加してくださったみなさま、ありがとうございました! 
 
※写真撮影を取り忘れてしまいました・・・。すみません・・・。

  
*********
 
<感想 ~一部です~> 
 
●起こった事実は変えられないが、
多様な多面的な考え方をすることで、
心の持ちようがずいぶん変わること、
楽になることを学び、視点を変えると
いうことはそういうことと具体的に分かりました。
【50代・女性】 
 
●目線を変えてみたり、枠組を変えるのは
難しいと思っていたが、やってみると意外に
できたなぁ、と思いました。【女性】 
 
●客観的に物事を見てみようと視点が変わりました。
書くこと、自分との対話、人に話すことは
大事なんだと気付きました。【20代・女性】 
 
●先生の説明が分かりやすかったです
。自分も講義などをしているので、
相手を引き寄せる話術らしきものを感じ、
勉強になりました6月のセミナーも楽しみになりました!
【40代・女性】
 
********* 
 

ご参加していただいた、みなさま、ありがとうございました!
夜活は6月も開催いたします(^-^)  
https://www.facebook.com/events/2064394376907278/


夜活6月画像


 
+++ 
  
【6月夜活×Sapporo】 

NLP心理学から学ぶ!
【自分にも相手にもやる気に
させる効果的なほめ方・叱り方】 
  
 
NLP(脳の取扱い説明書)心理学から、
ロジカル的に効果的なスキルを学んでみましょう! 
 
自分や相手にやる気にさせる効果的な
ほめ方・叱り方には、正しい言葉の使い方があります。 
 
適切な言葉の使い方、効果的なほめ方
、効果的な叱り方をわたしたち人間の持つ
「意識のレベル」に合わせた言葉の使い方に触れてみましょう! 
 
表面的な意識に届く言葉と深い部分に
影響を与える言葉・・・ 
意識のそれぞれのステージにおける言葉の
影響力を感じてみましょう。

 
+++ 

★このような方にお勧めなセミナーです
 
●上手く自分または相手をほめることが難しい
●効果的な叱り方を知りたい
●心理学・人の心理について興味がある
●NLPに興味がある
●自分にも相手にもやる気にさせる言葉かけに興味がある
 
**************

★日 時:2018年6月28日(木)19:30~21:00
★会 場:札幌エルプラザ4F 研修室2
札幌市北区北8条西3丁目札幌市男女共同参画センター
(エルプラザ)4F
★参加費:2,000円
 
 
<お申し込み方法> 
メール・申込みフォームにてお申し込みください。
Mail: info@seed-pro.co.jp
 
申し込みフォーム: 
http://form.os7.biz/f/25dfd033/


 
★講師★



松前 葉子 

米国NLP(TM)協会認定トレーナー 

アメリカの高校・大学(一般教養学・心理学専攻)卒業後、
大手マスコミ・プロモーション企業に就職。
26歳で北海道支社支社長として就任。
日本にいる中でコミュニケーションの重要性を感じ、
NLPを学び始める。その後36歳で退社。
退職後、心理学をベースにした研修・講演を行い、
一歩下がりながら相手のペースに合わせた講座が人気。
そのファンは全国に広がる。
学びを通し、「学ぶ楽しさ」「気付くことの変化」を
伝えたく、「今の自分が喜ぶこと」
「相手にも自分にも元気と笑顔を!」をモットーに
人とかかわることを大事にしながら過ごしている。
 
************

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

応心ココプロ

Author:応心ココプロ
応心ココプロのブログは、あなたの心に応える(社)応用心理ライフマネジメント協会・(株)心理カウンセリングココ・(株)シードプロが「豊かな人生に必要な自己肯定・変化・可能性を前提に歩む」お手伝いとして発信しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR